傘寿の意味とお祝いのやり方について

傘寿の意味とは、日本の伝統行事として、昔から伝わる長寿のお祝いの言葉のひとつで、80歳を祝う言葉です。 そして、その語源は、傘の略字が縦書きの八十に見えることから、80歳を表す節目の年のお祝いの言葉として広まりましたが、地方では、傘が拡がる様子を末広がりに例えたなどの説もあります。

日本では、昔から長寿をお祝いするという年長者を敬う文化が根付いているため、傘寿の前に、60歳の還暦、70歳の古希、77歳の喜寿があり、それぞれにお祝いをする習慣となっています。

そもそも、長寿は、別名、賀寿とも呼ばれていて、満60歳の還暦を始まりとして、節目ごとに行われてきましたが、近年では、平均寿命が延びたことから、70歳を迎える古希から祝うことも多くなってきています。

また、傘寿では、古希、喜寿、米寿などの祝い方と同じく、贈り物は、祝宴の席に持参するか、自宅に贈ることが一般的ですが、人生の節目の特別な誕生日では、当日、幸せに過ごせるように、プレゼントは早めに贈るようにしましょう。傘寿のお祝いギフトはこちらのお店が人気があります。

このような傘寿のお祝いは、数え年で80歳を迎える年に行いますが、数え年は、生まれた年を1歳として数えるため、満年齢では、1歳の時には既に2歳であるため、この数え年の80歳という年齢は、満年齢では79歳となります。

そして、数え年は、誕生日を基準として年を重ねるのではなく、元日を基準としているため、傘寿のお祝いを行う場合には、年が明ける前に祝うという配慮も必要となります。

なお、還暦の祝いの場合には、赤いちゃんちゃんこや座布団などを用意することは有名になりましたが、傘寿のお祝いでは、古希や喜寿と同じように、紫色のちゃんちゃんこや座布団を用意するようにします。

これは、世の中のすべてのものは、木、火、土、金、水のどれかに属しているという陰陽五行説に乗っ取り、古くから、高貴な色、気品ある色として尊重されてきた位の高い人を表す紫が敬意や尊敬を示す尊い色として崇められ、用いられてきました。そのため、傘寿の祝いには、紫色の物を贈るのが慣例であり、傘寿の意味にちなんで、傘を贈ることも多くなってきています。

↑ PAGE TOP