ホッケー人口はキムタクのお陰で少し増えたけど

pride

アイスホッケーというスポーツをご存じでしょうか。スケートリンク場でスケート靴を履いた選手たちがスティックを使ってパックを打ち合い、相手のゴールに入れることで得点となる冬季スポーツです。

1920年から採用されている歴史あるオリンピック種目なんですが、日本では全くといっていいほど知名度がありません。世界的に見れば、アメリカとカナダの北米やスウェーデンやフィンランド、ロシアやスロバキアなどのヨーロッパでも北に位置する国々で大きな盛り上がりを見せているスポーツで、特に北米で開催されているリーグ戦であるナショナルホッケーリーグ(NHL)は、野球のメジャーリーグ(MLB)、アメフトのナショナルフットボールリーグ(NFL)、バスケのナショナルバスケットボールアソシエーション(NBA)と並んで北米4大プロスポーツリーグとして年間約150万人観客動員を誇る超人気スポーツとして認知されているのです。

しかし、オリンピック種目なんですが、日本ではサッカーや野球と比べて報道も少なく、そして試合のテレビ放映もされないため、試合が開催されていることすら知らない人がほとんどです。2004年にホッケーを題材にしたドラマが放映されたこともあって多少ホッケー人口は増えたものの、まだまだメジャースポーツとは言えないのが現状です。

アイスホッケーは非常に激しいボディコンタクトがあり、「氷上の格闘技」と呼ばれるほどの激しいオリンピック種目なんですが、日本で人気が出ないのはいくつかの理由が挙げられます。

まず、氷上で行われるため試合の開催場所や練習場所に限りがあることです。北海道や長野といった冬季スポーツが盛んな地域では屋内スケートリンクを利用して練習が行われるものの、その他の地域ではスケートリンクが少ないうえにアイスホッケー用のゴールやスティック、防具といった用具が用意されていないのです。そのため、アイスホッケーに興味があってもプレイできる環境がありません。

また、試合のテレビ放送もされないため、トップ選手のプレイを見る機会が無いことも挙げられます。現在は「アジアリーグアイスホッケー」という日本を含めた4カ国のチームが参加するリーグが開催されていますが、テレビで放送されることはまずありません。それだけでなく、オリンピック種目なんですがオリンピックでの試合もほとんどがテレビ放映もされないため、トップ選手のプレイを見る機会が無いのです。メディア戦略を見直す必要があると言えます。

アイスホッケーをもっと盛り上げる為には、メディアへの露出を増やすことが重要です。現在は試合が開催されているにも関わらずテレビ放映もされないため、アイスホッケーを知るきっかけすら無いのです。

アジアホッケーリーグやオリンピックの試合をメディアに取り上げてもらうことでスポーツとしての魅力が伝わり、いずれはフィギュアと一緒に氷上のスポーツとして認知される日が来るはずです。

アイスホッケーの選手で苦労した話

icehockey02

高校生のときに交換留学でカナダに半年間滞在したことがありました。そのときに現地高校生との交流会があり、やけに体格が良い男性と知り合いました。つたない英語で会話をしてみると、同じ歳だということがわかり驚きました。仲良くなり、アイスホッケーの試合を見に来ないかと誘われ、行ってみると驚くほど広いアイスホッケー場が学校内に備わっていました。

アイスホッケーはカナダの国技で、日本で言えば野球やサッカーのように小さいころから慣れ親しんでいるスポーツだと聞いて納得しました。人種の違いもありますが、同じ高校生なのに筋肉がしっかりついた体はたくましく、プレーするときにぶつかりあうとすごい迫力がありました。白熱した試合に圧倒されて、完全にアイスホッケーに魅せられてしまいました。

カナダでの滞在期間中は、時間が許すかぎりプロのアイスホッケーの試合を見に行くこともしました。日本に帰国してから、アイスホッケーのことを調べたら、いくつかの大学でアイスホッケー部やサークルが存在することがわかりました。試合を見るのも楽しいですが、出来れば自分でもアイスホッケーをしてみたいと考えて、アイスホッケー部を目当てに大学を選びました。

日本ではメジャーなスポーツではありませんが、アイスホッケー部には驚くほどの人数が所属していて、自分と同じ大学に入学したばかりの1回生もかなりいました。同じ日本人でありながら、先輩たちはあのカナダ人と同じようなたくましい筋肉を持っていました。

入部してすぐに筋肉トレーニングを行い、少しずつ自分の筋肉が改造されているのが実感できるようになりました。ただ筋肉だけでなく、スケートリンク上でスケート靴で走り回らなければならないのでバランス感覚も大事になります。体育館でバランスをとるべく長時間、片足で踏ん張る訓練はとても苦労しましたが、ポジションはフォワードで活躍することが決まりました。

アイスホッケーは身体ごとぶつかるので激しいスポーツだとみられがちですが、スティックで小さなパックをゴールに入れるのはかなり繊細で難易度が高い競技です。接触することが多いので危険も多いですから、常に気持ちを張り詰めておく必要があるので、試合後は精神力の疲弊は半端ありません。ただ苦労しつつも、大学時代を振り返ってみると楽しい思い出の方が多いです。

大学を卒業後、普段はサラリーマンのクラブ所属になり、ポジションはフォワードで日々練習にいそしんでいます。給料は低いけど、生活はそんなに苦しくありません。休みの日は身体をメンテナンスするために整体やマッサージに通うくらいで、お酒を飲んだりすることがありませんから、お金に困ることはありません。

クラブチームの同僚には、歯を結構折ってる連中が多いのですが、当の本人はそれが勲章であるかのように太陽のような笑顔で笑っています。前歯がないと少し間抜けに見えることもありますが、クラブチームで話していると確かに勲章のように見えなくもないと感じることがあります。でもなるべく歯はおらないようにプレイしたいと考えています。

地元のアイスリンクにシニアホッケーチームができた

photo by:kennymaticphoto by:kennymatic

フィギュアスケートの人気が高まってから、地元のアイスリンクは土日になると大勢の子供連れ家族が遊びに来てにぎわっていました。ただ平日は子供は学校があるので、いつも空いていました。それに目を付けたのが、高齢者でした。

高齢者のスポーツといえば、ゲートボールやボーリングに人気が集まりますが、さいきんの高齢者は年齢に関係なく若者と同じような筋力を持っている人が少なくありません。普段から健康に気を使った食事をして、ラジオ体操やウォーキングを欠かさないせいか、筋肉の衰えを感じることがすくなく、ゲートボールでは物足りないという人が多いようです。

そんな元気な高齢者が集まって、シニアホッケーチームを作ることになりました。全員還暦を過ぎているのに、顔が生き生きと輝いてします。金銭的にも余裕がありますから、お揃いのユニフォームを作ったり、チーム名が記された幟も作成するほどの熱の入りようです。ただアイスホッケーをしたことがある経験者はいませんから、最初はルールにとらわれずにアイスリンクに慣れることから始めました。

全員還暦を過ぎているのに、いざアイスリンクに上がると前のめりで突進して旧ブレーキをかけ、さらにスティックでがんがんパックを打ち合ってゴールを目指します。アイスホッケーは特別難しいルールはなく、チームが協力してゴールにパックを打ち込めばいので、高齢者にとっても理解がしやすくなっています。

アイスリンクはスケート靴を着用するため、滑りやすくバランスをとるのがかなり難しいのですが、そんなことは全く苦にせずに夢中になっています。バランスをとることで筋力が鍛えられ、身体の歪みも直るのではないかとみなさん楽しんで練習しています。

アイスリンクは寒いですが、身体を動かすことで血流がめぐって内側から体が温かくなるので健康にも良いと好評です。メットしてたら20代と変わりないので、アイスリンクに立ち寄った人は、実は全員還暦を過ぎていることを知るとかなり驚かれます。

シニアホッケーは、本来のアイスホッケーのように体を思い切るぶつけるようなことはせず、紳士的なプレイをしようということになっていますが、どうしても氷の上ですから不可抗力でぶつかってしまうこともあるので、防御服とヘルメットをしっかり身に着けるようにしています。それでもスティックでがんがんパックを打つのを見ると、恐ろしい老人集団のチームだなと思わずにはいられません。元気で健康が一番ですから、高齢者の方に生き生きと過ごしてもらえるのならばアイスホッケーは良い手段の1つだと感じています。

アイスホッケーで一汗流した後は、時間がたっぷりあるシニアはみんなで飲み会をすることが多いようです。飲み会といっても酒ではなく、さいきんの高齢者は喫茶店やチェーン展開しているカフェに行ってコーヒーを飲むことが多くなっています。ゆっくりくつろぐことができますし、アイスホッケーで改善したいところをお互いアドバイスしあえる、最適な場所になっています。

還暦祝い、プレゼント

日本でもアイスホッケーを普及させたい

photo by;pointnshoot
photo by;pointnshoot

みなさんはアイスホッケーをご存知ですか?簡単に説明すると、人工や天然のスケートリンクでスケート靴を履いて行う団体スポーツになります。競技は所定の大きさのリンクの中で、長い柄の先端部分を歪曲させた杖状になっているスティックと呼ばれる器具を用いて、硬質なゴムでできた扁平な円柱状のパックと呼ばれる球を打ちあって、相手方のゴールに入れるというものです。サッカーやバスケットなどに似ていますし、実際にプレイしたことはなくとも、テレビでご覧になったことはあるでしょう。

では今現在の日本のアイスホッケーの状態はどうなっているかというと、プレイしている人口はそれなりにいて、実業団もあるけれど、クラブ止まりになっているのが現状です。この理由はやはり人気の有無と、アイスホッケーは氷上でのプレイということで、競技できる場所の確保が難しいことがあげられます。それゆえ実業団もあるけれど、クラブ止まりというのが現在の日本の現状となってしまっています。ただアイスホッケーは国際的な競技であり、迫力もあるので、認知度が高くなれば注目もされやすいはずです。今、日本の国内では競技場所から野球やサッカーといった陸上のスポーツが主流となってしまっています。バスケットボールなども一部では人気がありますが、日本国内で考えるとマイナーなスポーツとなっているでしょう。

ではもっと日本のホッケーを強くしたいと願う場合、どうしたらいいのかといえば、必要なのは人々の関心や注目を集めることになります。強くするためには予算などの金銭面もそうですが、人材の確保がもっとも必要となってくるのです。しかしながら国内のアイスホッケーにおける現状は実業団もあるけれど、クラブ止まりといったもので、試合に出ても特別なメリットがなく、それゆえクラブを作っても会社の業績によっては簡単につぶしてしまうことになるのです。

それゆえ強くしたい、競技人口や興味を持ってもらう人を増やすためにはスポンサーを集めて大会を開くことが大切になってきます。それも一度ではなく定期的に行われるもの、野球やサッカーのように一定の時期にトーナメントがあればそれに向けて優勝という目標ができますし、頑張りにもつながってくるのです。しかしながら簡単にスポンサーといってもなかなかうまくいかないのが現状ですし、特にアイスホッケーは競技場所が表情ということでプレイできる場所も限られてきてしまい、他にもアイススケートやフィギュアスケートなど、同じく表情で行うスポーツとの場所争いが大変になってきてしまうのです。

それゆえ普及するにはスポンサーを募って資金を集めること、人材の育成、競技場所の確保などが求められます。その上でトーナメントを開いてテレビ中継をすることによって、興味を持つ人が増えてくれることが望ましいのです。ただそのためにもっとも必要なのはアイスホッケーを知ってもらうことで、無料の動画サービスを利用するなど、出来ることからはじめることが大切になります。

健康を意識した88歳のお祝い品

米寿とは八十八歳のお祝いのことです。米寿のお祝いのプレゼントには様々な物がありますが、健康を意識したプレゼントも喜ばれるかもしれません。

八十八歳まで生きているのですから十分長生きですが、家族としてはまだまだ長生きしてもらいたいものです。その想いを伝える為には、通常の米寿プレゼントとは少し違ったプレゼントも選択肢のひとつです。
例えば万歩計があります。高齢者が行える運動と言えば散歩です。毎日歩くことで足腰をしっかりと保つことができます。既に散歩を日課にしている人は、散歩をより充実したものにできるでしょう。散歩を日課にしていない人は、散歩を日課にしてもらって足腰を丈夫に保つことが期待できるでしょう。自分では始められないという人であっても、家族からの願いを受けると始めるかもしれません。
またサプリメントなどもあります。米寿の祝いにサプリメントというのは馴染みがありませんが、高齢の方が無理なく健康を維持するのにサプリメントは不可欠です。勿論継続的にプレゼントするのは経済的に難しいでしょうから、健康を意識付けてもらうつもりでプレゼントしましょう。効果を実感できたなら続けてくれるはずです。

末永く長生きして欲しいのは家族皆が思うことです。メッセージなどでその想いを伝えるのもいいですが、健康を意識した実用性のあるプレゼントも最近は人気になってきています。

↑ PAGE TOP